MENU

川平湾(石垣島)

「川平湾」は、沖縄県の石垣島にある湾で、世界でも有数の透明度を誇る、島内随一の観光スポットとして人気です。この湾には小さな島々がいくつも点在しており、その景観は絵にかいたような美しさです。


この湾は、石垣島の市街地から車で約40分ほどの場所に位置しアクセスも良いため、人気の景勝地として観光客に人気となっており、この島へ訪れた際には一度は訪れる場所でもあります。その素晴らしい景観は、八重山地域の中で最も高い山である於茂登岳(おもとだけ)と共に、日本の名勝として選ばれており、その後には、「西表石垣国立公園」として認定されました。
川平湾は、白く輝く砂浜からなる湾で、そこに多くのボートが行き交っています。このボートは、川平の素晴らしい海の様子をのぞけるように、船底がガラス張りになっているグラスボートなどもあり、特に小さなお子さんがいるファミリーに人気となっています。カラフルな魚たちや、色とりどりのサンゴなどが生息する川平の海を見て、多くの観光客が感嘆の声を上げています。


そんな豊かな生態系が維持されたこの湾では、世界で初めて黒蝶真珠の養殖に成功したことでも有名です。黒蝶真珠は、成長するために必要な条件が揃っている恵まれた自然環境が整っていないと育たない真珠と言われており、その環境が整っていたのがこの湾でした。黒蝶真珠からできる真珠は、イエロー系・グリーン系・ブルー系・シルバーと様々であり、好みの色の真珠を選ぶことができます。この素晴らしい景観を維持してきた恩恵に、川平の海は私たちに素晴らしい贈り物を与えてくれました。


川平湾の魅力は、なんと言ってもエメラルドグリーンの美しい海と白い砂浜、湾内に浮かぶ緑豊かな島々、どこまでも広がる真っ青な空のコントラストです。そして、その景観は時間と共に少しづつ表情を変えるところにもあります。天気や時間帯によって海面にあたる光の加減や、潮の満ち引き、また夕日が沈む時間帯によって、同じ湾内でもその表情は刻々と変わっていくので、毎日見ていても飽きないほどです。
この湾を行き交うグラスボートでは、サンゴが群生しているスポットや様々な魚たちが集まるスポットなど、川平湾の中でも絶好のポイントへと連れて行ってくれ解説をしてくれるので、ボートで紹介された魚を見つけながら、川平の海の生態を学ぶことができます。特にお子さんには素晴らしい体験となり、いつまでも記憶に残ることでしょう。

このページの先頭へ