MENU

与那覇前浜ビーチ(宮古島)

「与那覇前浜ビーチ」は、沖縄県宮古島にある砂浜の海水浴場で、宮古島の南西に位置しています。このビーチの特徴はその白く美しい砂浜で、およそ7kmにわたって続いています。
「与那覇前浜」という名前は、与那覇地区の前にある浜辺であることからその名が付いたとされ、地元では前浜(まいぱま・まいばま)と略して呼ばれていたりします。
この浜辺の中央には宮古島東急リゾートがあり、南東寄りには島の観光協会が管理する売店や食堂もあるため、シーズンには観光客で賑わいます。


この与那覇前浜ビーチは「東洋一美しい砂浜」とも言われており、延々と続く白い砂浜にはゴミなどがほとんど落ちていません。また、自然が作りだした素晴らしい景観が広がっており、その徹底した管理体制がうかがえます。リゾート地でありながら、他のビーチと比較しても目立った混雑が見られないので、穴場スポットでもあります。遠浅のビーチなので、カップルからファミリーまで楽しめるスポットです。
快適に海水浴が楽しめるよう売店や食堂も完備されており、そこでは食事の他にレンタルグッズなどもあります。このビーチでより楽しく過ごしてもらえるようアクティビティーもじゅうじつしていて、ここではバナナボートやジェットスキーなどのマリンレジャーも楽しめます。
全長7kmにもおよぶ砂浜を有するこのビーチは、毎年行われている「全日本トライアスロン宮古島大会」のスタート・ゴール地点にも選ばれており、多くの選手たちがこのビーチを舞台に熱い戦いを繰り広げています。


与那覇前浜ビーチの対面には「来間島(くりまじま・くれまじま)」という島があり、その来間島とこのビーチを結ぶために、「来間大橋」が架かっています。白く輝く砂浜とどこまでも続くエメラルドグリーンの海に、この来間大橋架かったその景観は、南国のリゾート地に居るかのような錯覚を起こさせ、この美しい景色は決して日本本土では見ることができない感動の風景です。
このビーチを訪れる場合には、特に日中を避けた朝と夕方がおすすめです。9時頃までにビーチに行くと人の数のまばらなので、東洋一美しいビーチを独り占めすることも可能です。また夕方に訪れると、海に沈んでいく真っ赤な夕日を見ることができ、日中とはまた違った与那覇前浜を体感することができます。


宮古島を訪れた際には、是非ともこの東洋一美しい砂浜である「与那覇前浜ビーチ」を訪れてみてはいかがでしょうか。きっと、素晴らしい感動が待っていることでしょう。

このページの先頭へ